シャッターを切った数だけプロへの手応えが増していく。

シャッターを切る面白さが高まる。豊富な実習で対象を見極める目を磨く。

プロフェッショナルの育成を重視し、一人ひとりの個性を生かす指導が特徴。基礎となる知識と技術をしっかり習得してから専門分野に進み、腕を磨きます。さらに、業界の第一線で活躍するプロが来校し、作品を直接評価してもらえる特別授業や、写真スタジオでプロの仕事を体験できるインターンシップなど実践的なカリキュラムでプロへ導きます。

目指せる職業


ファッションフォトグラファー

コマーシャルフォトグラファー

写真作家

風景写真家

報道写真家

ブライダルフォトグラファー

 

3つのポイント

3つの実績

 

先生からのメッセージ

佐藤正浩先生

写真を通して、自分がどんな人なのかを見つけてほしい。
写真を仕事とする人は、写真が好きなだけじゃダメだよね。写真以外に好きな事がたくさんあって、たくさん泣いたり、たくさん笑ったり、たくさん怒ったり、たくさん感動したり、たくさん寄り道や、たくさんの人との出会いや経験を積みかさねた人が、より深い、より人を感動させる写真を撮れると思うんだ。

先生紹介をもっと見る

 

在校生のメッセージ

松浦由莉さん

その場の「空気感」や「感情」を表現していきたい
今の段階ではレンタルスタジオに就職し、広告系のフォトグラファーとして独立することを第一目標にしています。実際には写らない精神的で曖昧な部分を相手に想像させる商業向きではない写真が好きなので、いずれは写真集を出したり個展を開くなど、自分の作風を確立した作家活動ができるように頑張っていきたいです。

在校生紹介をもっと見る

 

 

写真部顧問・高文連写真部会の先生へ

 

 Twitter