新入生歓迎ライブレポート

 

 


 

 「月光グリーン」ベーシスト
シンイチさん スペシャルインタビュー!

 バンド「月光グリーン」のメンバー、またシンガー・綾野ましろさんを始めとする様々なミュージシャンのサポートバンドでも活躍する、ベーシスト・シンイチさん。
 ここでは、SVAの卒業生でもあるシンイチさんのスぺシャルインタビューを公開!在校生の時のお話など、沢山のお話をしていただきました!

 現在ベーシストとして活躍しているシンイチさんですが、実は最初に興味を持った楽器はドラムだったと言います。
 高校では吹奏楽部で、1年間パーカッションを担当。傍らでギターを独学で学び始める内、転機が訪れたのは高校二年生のときでした。部活にウッドベースがやってきたのです。

 弦楽器を触りたかったシンイチさんは自ら「やりたい」と立候補。ドラムを学んでいたときに得たリズム譜の読み方、そしてギターを触っていたときに身に着けたコードの概念、この二つが活きるベースは自分に向いていた事から、シンイチさんのベーシストとしての道が始まっていきました。

 高校までは釧路に在住していたシンイチさん。当時は札幌の中心に建っている、唯一の音楽系の専門学校であり、また憧れの先輩バンドを輩出した場所であるといった点に惹かれ、なんと一度も体験入学を受けることなくSVAに入学を決めました。

 SVAに入るまではバンド経験がなく、1年生の9月に行われた定期ライブがシンイチさんにとって初のライブでした。初ライブで披露した楽曲は自作のものも含め、すべてオリジナル曲。シンイチさんに初ライブのステージからの眺めについて伺うと、「照明が眩しくて客席が見えない。という話をよく聞いてたが、緊張のあまり、逆にお客さんが見えていた!(笑)」と、非常に印象に残る初ライブだったようです。

 そんなシンイチさんですが、現在はSVAのベースレッスン講師としてと関わって下さっており、本校の生徒は「1年生も2年生も、みんな意思があってとてもしっかり者」。また「これからは学内ライブはもちろん、積極的に外のライブハウスにも出向いて、学校で演奏する時との空気の違いを感じ取ったり、ライブハウスのスタッフさんに自分の口で要求をきちんと伝えることで、どんどんバンドのレベルを上げていって欲しい」と更なる成長を期待しレッスンに熱を入れていただいております。

 ロックバンド「月光グリーン」としての活動についても伺うと、今年は自分たち発信のイベント企画や、ワンマンライブのひとつひとつを充実した内容に出来るよう、時間をかけて構成するようにしているとのこと。今後もファンを楽しませられるよう、色々な側面を見せていくそうです。

 また、並行して行っているサポートベーシストの活動についても「これからも、自分みたいな若いお兄ちゃんでも、こんなことが出来るんだよ、という所を見せて、札幌のバンドマンが今よりももっと活動しやすくなれるようなきっかけを作れたら」という展望を語ってくださいました。

 最後に、進路で悩んでいる高校生に向けて、メッセージを頂きました。
 「まず、音楽が好きだ、という同じ意識を持った人たちがこれだけたくさん集まることはなかなかありません。
 そして授業やカリキュラムの充実具合はもちろん、実力のある先生たちのお話をたくさん吸収できる貴重な場所でもあります。
 先生たちとは、音楽の話に限らず、人生の話など、なんでも聞いて、どんどん自分に蓄えていってください。
 音楽が好きで、些細でも何か目指すものがあるなら、是非札幌ビジュアルアーツへ!」

《月光グリーン》 2003年結成、北海道出身のロックバンド。クリエティブオフィスキューのA-CUE RECORDS所属。クオリティーの高いサウンドと曲の幅広さ、メッセージ性の高い歌詞が魅力的で音楽関係者からも非常に評価が高く、各所から話題を呼んでいる。公式HP

 インタビューのあと、SVAの学内ライブハウス”メディアホール”で
「月光グリーン」スペシャルライブを、熱く熱くおこなってくれました!


シンイチさんはじめ、月光グリーンのみなさん、ありがとうございました!

 

学生がおこなっている定期ライブの予習にどうぞ

SVA学生がライブのレビュー記事を書いてみた!

新入生歓迎ライブレポート

2017/07/13


 

「普段学校で行われているライブってどんな雰囲気なのかな…?」授業でライブを開催するって、とても気になりますよね。

そんなあなたの為に、2017年6月1日に本校メディアホールで行われた新入生歓迎ライブの様子を、音響学科音楽ビジネス専攻の在校生が出演バンドごとにレビューしてくれました。バンドもレビューも個性豊かなビジュアルアーツを少し覗いてみましょう!

 

 

 

1.卍-manji-

まずトップバッターとして登場したのは、今回のライブの為に結成されたという新バンド、卍-manji-!早速、このライブの幕開けを飾るにふさわしい、勢い溢れるオリジナル曲『WAKE UP』『NO ANSWER』の2曲を披露。

それぞれのキャラクターが見える個性的なMCと、爆音で鳴り響くロックかつエモーショナルなサウンドのギャップが観客たちの心を鷲掴みにし、シンガロングあり、シャウトありの前のめりなパフォーマンスで、新入生歓迎ライブを華々しくスタートしてくれました。(城下 夏淑)

 

 

 

 

2.sytfeL

2 組目に登場したのは男性2人組アコースティックユニット「sytfeL」(レフティーズ)。 2人とも左利きという理由からつけられたこのアーティスト名。1組目の卍とはうって変わってしっとりとバラードをうたい上げた。

vo.「新貝 琢珠」さんはとても高身長で、少し緊張も伝わってきたがしっかりと自分たちの歌をうたい上げ会場全体は優しい歌声に包まれた。(三角 璃玖)

 

 

 

3.Rin。

女性ボーカルソロでオリジナル曲を2曲披露。1曲目は、バラード曲で声がとても繊細で透きとおっており、聞き心地がとても良く感じます。春夏の河川敷などで聞きたい1曲!

2曲目は、現在より一昔前に流行っていた楽曲のようで、アニメのオープニング等に使用されていそうな印象。そして、歌詞中にサングラスが登場するのに伴い実物を使用するという他のアーティストにはなかった新たな魅力!!

 MCは、ご自身の紹介と祝いの言葉をいただきました。紹介の時には以前、演劇部に所属していた事があり舞台等で「雪や雨をも観客として迎え入れる」という寛大な心の持ち主でした。(高畠 由紀)

 

 

 

4.Tamtam

続いて登場したのは、2年パフォーマンス学科の田村さん率いるTamtam!観客に語りかけるようなほっこりとしたMCのあと披露されたのは、みんな大好きASIAN KUNG-FU GENERATIONのカバー『リライト』!誰もが知っている邦楽ロックの名曲に思わずノリノリに!

原曲に忠実なバンドメンバーの演奏に加えて端先生のキーボードがさらに彩を添え、最高なポップミュージックへと姿を変えていました!ただただ純粋に音楽を楽しむTamtamの皆さんの姿に、こちら側も余計な感情抜きに楽しむことができ、なんとも幸せなひとときとなりました。(城下 夏淑)

 

 

 

5.EXOTIC

次に登場したのは5人組バンド「EXOTIC」(エキゾチック)。このバンドの vo.「黄 ムカ」さんは中国出身ということもあって、歌詞を中国語でうたい上げた。普段はなかなか中国語の歌詞でバンドサウンドの曲を耳にすることがないのでとても新鮮であった。
 
バンドの 演奏技術も高く2曲目では Gt.「坂井 草太」さんのギターソロが聞く人の目と耳をひきつけた。これからライブを重ねるていくうちにより面白いバンドになるだろう。 (三角 璃玖)
 

 

 

 

6.LooCea

つづいて登場したのは「LooCea」。草太さんの美しく繊細なアコースティックギターの音色から始まった「far-off feeling」。ボーカルの瑞希さんは1バンド目の卍でシャウトしてたとは思えないほど、どこか切なげで儚い歌声を響かせていた。

そして1曲目とは打って変わってアップテンポな曲調の「promise」。今若者の間で流行っているCity pop感満載のこの曲は、思わず横ノリしてしまうようなメロディーで、頭上でミラーボールが回っているかのような気分にさえさせてくれた。(菅原 実来)

 

 

 

7.PrisonBreak

結成1か月のアコースティックギターとボーカルの男性ユニット。カバー曲とオリジナル曲の2曲を披露。声量があり、高音と共に聞き取りやすくサビでは少々叫ぶかのように歌っていた事がとても印象的。結成1か月とのことでしたが、それを感じさせないほど息が合っていた2人。

しかし、歌っている時は堂々としていたのにMCではコミュ障を暴露。あまりお互い話す方ではない模様でしたが、私たちへの祝いの言葉と1年生が迎えたバスハイクの思い出話をしてくださいました。(高畠 由紀)

 

 

 

8.宮下うらら

次に登場したのは、ここまで『うたのおねえさん』のようなハツラツとした司会で私たちを盛り上げてくれた、宮下うららさん。

客席に紙飛行機を飛ばす(しかもただの紙飛行機ではなかったらしい…!私は取れませんでした)、というプチサプライズな演出のあと、自身も何度もこの曲に励まされた、というsupercellの『We’re Still Here』を披露。伸びのある歌声と、端先生の力強くも切ないピアノの音色が美しく混ざり合い、ホールいっぱいに響き渡っていました。(城下 夏淑)

 

 

 

6.Super Victory Audio

つづいてロッキーのテーマをバックに高らかに登場したのは、新入生歓迎ライブ限定スペシャルバンド「Super Victory Audio」略して「SVA」。登場から会場を一気に沸かせ、演奏が始まると同時に観客も自然と手拍子を始めた。

2年生の石川さんの力強い歌声がホールに響いた「魂レボリューション」。1年生の菅原くんの優しい歌声と講師の岩井さんの心地よいハモリに涙を誘われた「花束」。入って数ヶ月とは思えない1年生の演奏と、それを支えるかのようにドシっと構える2年生と卒業生の演奏。最後には思わず、グッと拳を突き上げてしまった。(菅原 実来)

 

 

 

10.アオリンゴ

最後に登場したのは「アオリンゴ」。この日のために駆けつけてくれた卒業生らとともにバンドセットでのライブだった。空まで届くような伸びやかな歌声で披露してくれたのは「夢と空」。打って変わってエモーショルなサウンドの「彼は誰」。メッセージ性の強い歌詞に圧倒された「Phantom」。

1つ年上の2年生ならではの勢いと、2人の安定感で、バシッと新入生歓迎ライブを締めてくれた。春を感じさせるような穏やかな歌から、ふと口ずさみたくなるキャッチーな歌まで、幅広いジャンルを歌うアオリンゴ。次のライブもきっと私たちを楽しませてくれるはずだ。(菅原 実来)

 

 

いかがでしたでしょうか。現場の雰囲気がひしひしと伝わってきましたね!次回のライブも楽しみになってきませんか?

そんなあなたに次回ライブのお知らせです!

札幌ビジュアルアーツ 1,2年合同ライブ

INTRODUCT

7月20日(木) 7月21日(金)

16:00開場 16:30開演

専門学校札幌ビジュアルアーツ 1Fメディアホール

(住所:札幌市中央区大通西9丁目3-12)

入場無料

お問い合わせ introduct.sva17@gmail.com

 一日目にはアオリンゴ・syteL、二日目にはRin。・LooCea・卍-manji-と、新入生歓迎ライブにも参加していたバンドがたくさん出演します。新入生歓迎ライブに行けなかった…という方も、1,2年合同ライブ「INTRODUCT」でお待ちしております。是非お越しください!