ゲームクリエィティブ学科 制作発表会が行われました!

制作チームを作り、本格的な形でゲーム制作

札幌ビジュアルアーツゲームクリエィティブ学科2年生の制作発表会が行われました。

各チームにゲームプログラマー専攻、ゲームデザイナー専攻、ゲームプランナー専攻。それぞれの専攻の学生がチームに入り、本格的な形でゲーム制作がスタート。

今回は3つのチームに分けられ、4月から制作がはじまり今日を迎えました。

いざ発表会がスタートすると、アクションゲーム、ホラーゲーム、アドベンチャーゲーム、どのチームも面白いゲームを企画し、制作をしてきました。

Aチーム

タイトル ウルフナーゲル
ジャンル 横スクロールアクション
コンセプト 二つの世界を行き来して、ギミックを攻略し、すべての敵を倒す
スタッフ プランナー×2 プログラマー×3 デザイナー×3

 

Bチーム

タイトル 畏怖
ジャンル ホラー探索型ゲーム
コンセプト ホラー×探索の3Dゲーム、少ないヒントで病院内を探索し脱出を目指す
スタッフ プランナー×2 プログラマー×2 デザイナー×4

 

Cチーム

タイトル 夢水鏡
ジャンル コミュニケーションアドベンチャー
コンセプト 時間でHPが減る。アイテムを駆使して、HPがなくらないようにクエストを進める
スタッフ プランナー×2 プログラマー×2 デザイナー×3

 

発表後、先生方からたくさんのアドバイスをもらい、色々と勉強できたことは多かったのではないでしょうか。

チームでひとつのゲームを作る大変さ、スケジュール管理、コミュニケーションの取り方、面白いゲームを作るにはどうすればいいのかなど、学べたことは多々あると思います。

今回の制作で学んだこと、経験したことを次の制作にしっかりと生かしてほしいです。

ゲームクリエィティブ学科2年生のみなさん、お疲れ様でした。そして、次は卒業制作です!

後悔のないように、納得できるゲームを作ってくださいね!

オープンキャンパス

楽しい体験実習をはじめ、2年間の授業内容・入学方法・学費・就職・学生作品など本校のことをくわしくご紹介します。先生・在校生がしっかりサポートしますので、初めての方も安心して参加できます。